現状のDAWの利用方針を棚卸する。

元はTumblrからの転載です。

  • AbletonLive
    VST・Max for Live・Rewire・DAW組み込みの楽器を使った作曲環境。
    比較的大規模の曲を書くときはよく使うし、メモ程度の曲にするときも使う。
    アプリが落ちることがたまにあるのでバックアップは欠かせない。(Live側でもバックアップとってる)
  • Propellerhead Reason
    クローズドな環境で曲を書くときに使う。
    あまり強制終了しないので、信頼に足る楽器としてスケッチを書くことも多い。
    今はViennaEnsembleProを起動してVSTを使ったりもする。
  • PreSonus StudioOne
    マスタリングで利用する。
    あと波形を調整するときも使う。
    (本来なら波形補正は別のソフト使うほうが早い気がするけど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です