GameMaker:Studio-オーディオを自前計算して鳴らす

https://docs.yoyogames.com/source/dadiospice/002_reference/game%20assets/sounds/audio%20buffers.html

■手順
バッファ作成(buffer_create)
バッファ書き込み箇所を特定(buffer_seek)
バッファ書き込み
オーディオ領域としてバッファを読み込み(定義っていうのかな)
再生

上記URLのサンプルだと再生以外の箇所を担当している。
よって、StepにてサウンドIDを食わせて再生すれば音が鳴る。
あとはサウンドのキュー周りの命令を入れることでシーケンスも演奏できるんじゃないかと思う。

ただ作ってみたはいいものの、開発しやすいということはなく、オーディオ書き込みに関する負荷はそれほど変わらず、
データの書き込み等はちょっと取り回しがめんどい。
よって、グラフィック周りと同期して作り込むのであればGM:S上でサウンドをいじるのはアリと思うけど、
そうじゃない場合はC言語とかで組んでも問題ない気はする。

Win32APIだけ叩いてプログラム組むよりは楽と思うけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です