Unity上でオブジェクトプールを作る。

オブジェクトプールの実装。

これ参考に弾出すオブジェクトプール作成してる。
現状での実装ではGameObjectいくつか生成してるけど結構な速度で動いてるのでこれでいこ。

ScriptableObjectと合わせ技で使うと多様な振る舞いさせられそうだけど、まずは単純な実装で進める予定。

7/27追記
シーンをまたぐ場合、Clear関数でデータを消す必要あり。
今のところシーン遷移時にdelegateひっかけておいて、
そのタイミングでClear関数を呼ぶ形にしてます。

あと、自分の場合、
管理マネージャ上に複数敵を登録できるようにして、
管理対象を自動で判別してプールに戻すことができるようにしてます。
(番号でオブジェクトプールの管理先を制御してる)

ということでシューティングゲームでも結構使える状態になっておりますはい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です