UnityEditor関連のメソッドを利用するときの注意事項。

UnityEditor関連のメソッドを利用するときは少し注意事項が必要。

これは何かと言うと、以下の点でエラーが発生してしまうため。
■困ったこと
①Editorで使用できるメソッド(UnityEditorやUnityEditorInternal等)はビルド時にエラー対象となる
②#if UNITY_EDITOR~#endif等で処理を埋め込んでいる場合、変数定義をその中でしてしまうと未定義状態になる等

まず①については、Editorの命令は切り出して「Editor」フォルダ内に格納してしまうこと。
②については、一連の命令を#if~#endif内に埋め込んでしまって、処理を分散させないこと。

①は、ソースコードを作るとプロジェクト内でクラス名が認識されるので、その後にEditorフォルダ内にEditorでのみ動くクラス/機能を作ればOKです。

エディタでバランス調整するときに便利だけど、クラス構成を決定するときは少しだけ手間をかけるとビルド時に困らなくて済む。(意外とここらへん情報がないのであった)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です